読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビタロット占い師 TAZN

ゾンビタロットであなたの人生をサバイバル! 普段は荻窪で対面占い。メールやskype、ココナラでのご相談も承ります。

「ワンドの3」ゾンビタロットアドヴェントカレンダー

クリスマスまで毎日一枚ずつ、ゾンビタロットのカードを取り上げていくゾンビタロットアドヴェントカレンダー。
今年はワンドのカードを見ていきます。

本日は「ワンドの3」です。

ワンドの3

3はエネルギーを増幅させる数字

三人いると、誰か一人が常に観客の立場になるため場が盛り上がる

2という数字のときは「一対一」の関係性です。
協力関係だろうと敵対関係だろうと、自分と相手の二つしか視点がありません。
相手のことは自分しか見ていない、自分のことを見ているのも相手だけ。
互いのエネルギーは相手との間だけにやり取りされます。

3になるとそこへもう一人が増えます。
二人のエネルギーは第三者の視線を意識してやり取りされるようになります。
一対一でやっていることを、第三者にもプレゼンテーションしたり、二人のやりとりによって第三者に影響を与えようとしたりするのです。

そのため一対一の二者でやっていることよりもアピールが強くなります。

第三の視点が入ることで関係性の力学が変わる

例えば漫才コンビがプライベートでは全然コミュニケーションがないのに、お客さんという第三者の視点の前ではすごくおもしろいかけあいをしたり。

バディもの映画でコンビを組まされた刑事二人が冒頭ではいがみ合っているのに、第三者として悪役が出てきたら二人で協力してすごい活躍をしたり、美女の前では気を引くために仲良いフリや「コイツより俺の方がもっといいよ」アピールしたり。

日常生活でも「二人だと会話が続かないけど、三人だと話が盛り上がるな」ということはよくあるのではないでしょうか。

二者だけで行われていたことが3ではより強調されたり、全く新しいエネルギーが生まれてきたりするようになります。

第三者も二者のアクションを受けて新しいリアクションを返す

観客の立場にいる第三者も、二者のエネルギーを受け取って、なにかリアクションをすることになります。
第三者は二者の「これがいい、これが悪い」という評価軸とは全く別の基準で動くため、二者にとっては思ってもみない反応が返ってくる場合もあります。

2の段階ではプラスかマイナスかという変動はあるのですが、別のバリエーションは生まれてきません。
3でもう一つの立場が出てくることにより、新しい視点や価値基準が追加され、場が盛り上がっていきます。

3では立場が入れ替わり続ける

また、「一対一の二者+第三者」という立場は常に入れ替わっていきます。
さっきまで観客目線だった人は、次の瞬間どちらかと一対一の関係でやり取りしているかもしれません。
そして二者のうちの一人は観客の立場に。
こうした役割交代が起こり続けます。

関係性が三人の中でグルグルとローテーションしていくため、エネルギーが停滞せずどんどん高まっていくのです。

ワンドの3では火がどんどん大きくなっていく

このカードでは、このようなエネルギーの高まりが「情熱」や「モチベーション」というワンドの分野で起きることになります。

火花が飛び散ってどんどん火が大きくなっていくように、熱意が加速度的に膨らんでいくのです。

エスカレートしていくテンション

この絵の中には、ワンドのシンボルである大腿骨が三本描かれています。
それぞれサイズが「普通」「普通よりちょっと長め」「超特大」の三本です。

一人目が普通サイズの骨を手に取ったら、もう一人がそれに対抗してちょっと長めのものを手に取ります。
数字の2の段階だったら、その後はどんぐりの背比べ的にちょっとずつ長い骨を探す勝負になっていたかもしれません。

しかし3の場合は、三人目が「そんなチマチマした競い合いやってるんじゃねえ!」と常識外れの超特大サイズを持ち込みます。
「こりゃすげえ!」と三人ともテンションダダ上がりです。

チームの力を合わせると強い力が発揮される

さらに、三人のゾンビが協力してドアをぶち抜こうとしているので、そのパワーも倍増します。 一人では破れなかった障壁も、三人まとまれば突破できる可能性が高い。

「三人寄らば文殊の知恵」ということわざや、「三本の矢」の逸話のように、三人力を合わせればすごいことができる、 そんなチームワークの力も意味しています 。

「三人」というのは比喩です

この記事では説明しやすいので「二者」「三人」などと人数で書き表していますが、実際の人数とは関係なく、このようなエネルギーの増幅の仕組みが「ワンドの3」ということです。
例えば一人でも二人でも、同じような仕組みのエネルギーの増幅が起きていくなら「ワンドの3」の力が働いています。

さらに言えば、人間関係だけでなく様々な場所でこのようなエネルギーの増幅の構造は見つけられるでしょう。

zombietarot.hatenablog.com