読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビタロット占い師 TAZN

ゾンビタロットであなたの人生をサバイバル! 普段は荻窪で対面占い。メールやskype、ココナラでのご相談も承ります。

恋人が出来たり結婚をしたりという人生が自分にもありえるのでしょうか。

f:id:tazn246:20161105134433j:plain:left

人を好きになるということがわからなくなってしまった、というご相談。
恋愛とはなんでしょうか。
ゾンビタロットで占います。

ご相談

恋人が出来たり結婚をしたりという人生が自分にもありえるのでしょうか。

周囲を見ると女の人を大切に思いやっている男の人もいて、素敵だなあ、とても羨ましいなあと思うのですが、私はと言えば対価もなく働かされ捨てられるか、外見で判断して処女膜がありそうだから近付いてくるようないわゆるキモ男にしか好かれずにいます。

言う事をなんでも聞きそうだと思い込んでいるのか、こちらがちょっとでも主張をすると攻撃的になるか逃げていくのです。

だんだん他人を好きになる、愛するとはどういうことなのかわからなくなってきましたし、誰かに愛されるような価値が私にはないのだと思えてきて空しいです。

タイプの男性は?と訊かれて全く答えられませんでした。
黄色い声を上げて憧れの芸能人について話す同僚がまぶしいくらいです。

憧れはあるけれど、恋愛ごとが遠い国の出来事、TVの向こう側のように思えてなりません。

ゾンビタロットによる占い結果

zt_tmp

恋愛にも燃料が必要

恋愛というものがエンジンのように燃焼して回転する機械だとすると、それには相応しい燃料が必要です。
例えば蒸気機関には石炭が、自動車にはガソリンが、原子炉には核燃料が欠かせません。
自動車に石炭を与えても走らないし、原子炉にガソリンを注いでも発電はできません。

あなたは今、恋愛というエンジンに燃料を注いでいないか、間違った燃料を注いでいる状態なのかもしれません。
人を好きになるというのはまったく謎のメカニズムですが、そこには我々に理解できないだけで本当はなんらかの原理原則が存在しているのだろうと思われます。
その原則からは外れた状態にいるため恋愛ごとが遠くに見えているのでしょう。

理性とは別のところで働く恋愛

あなたは理性的な女性で、とても冷静に自分の激情をコントロールできるはずです。
ただ恋愛というのは理性とは別の力学が働いているフィールドです。
あなたの理性が恋愛のスタートをせき止めてしまっているようでもあります。
理性が、あなたが本当は持っているはずの「恋愛にふさわしい燃料」をただ単にもったいないから!という理由で出し惜しみしている可能性があります。

恋愛というのは自分の手持ちの札を出して、別の何かを相手から取る、というものですからあなたが正しい燃料を与えないと正しい恋愛が返って来ないのです。

隠された性のサイクル

この問題にはセクシャルなことが関わって来ます。
おおっぴらなものではなく、密やかに語られたり、暗に示されたりするような性です。
世の中の男性には決して見せないし、見せたとしても絶対に理解できない性です。
そんなご自身の女性性というものによく耳を傾ける必要があります。

今はあなたの女性的なサイクルが放ったらかしにされているかもしれません。
あなたは日々女性としてどういう変化をしているのでしょうか。
いわゆる毎月のものだけでなく、大小様々なスケールの周期があなたを取り巻いています。
理性的に考えるとこういう女らしさは良いとか悪いとかジャッジすることもできます。
でも一度、そこに理性を交えず、直接自分の女性というものと対峙してみましょう。

あなたには本当は女性らしい要素がたくさんあるのですがそれに理性がフタをしています。
フタを開けてあなた自身の中を覗き込んだとき、「ああ、これのことか!」と正しい恋愛のための燃料を発見できるはずです。


(無料占いへのご質問を相談者さま承諾のもと公開しています)