読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビタロット占い師 TAZN

ゾンビタロットであなたの人生をサバイバル! 普段は荻窪で対面占い。メールやskype、ココナラでのご相談も承ります。

彼を追いかけるか元旦那と復縁するか悩んでいます。

f:id:tazn246:20161105125808j:plain:left

離婚したご主人に渡った息子たちの親権。
不倫相手だった男性との同棲と別れ。
そして今また元夫から復縁の呼びかけ。
どちらの男性を選んだらよいのか、というご相談です。
ゾンビタロットで占います。

ご相談

およそ3年前、10年連れ添った旦那と離婚しました。

原因は全て私にあり私が不倫をしていました。
不倫相手との将来を選び、離婚に応じてもらい、2人の息子の親権は旦那に渡しました。

私は親権を希望しましたが、何の落ち度も無い子煩悩の旦那から無理に奪う事は出来ず諦めました。

離婚と同時に不倫相手だった彼と同棲を始めましたが、性格や価値観の違いが露呈し始め、合う部分合わない部分の差が激しくなり、ケンカが絶えなくなりました。

昨年も半年程別れ復縁し、今また別れました。

状況としては、彼が私との生活に嫌気がさし出て行き、私が追いかけ、復縁と言う流れです。

今回も追いかけていますが、正直悩んでいます。

と言うのは、元旦那はとても心の広い人で、離婚後も制限なく子供達に会いたい時には会わせてくれています。

また、日頃の私の近況、彼の事なども全て話していましたし、相談にも乗ってくれていました。

反対に彼は、この様な元旦那の対応を非常に嫌がっていました。
元旦那と縁を切れと何度も言われました。
ただ縁を切れば子供達に会えなくなるので拒んでいました。

今回の別れの件を元旦那に話したところ、もう追いかけずに引っ越ししたらどうだ?
元旦那の住まいの近くに引っ越し、頻繁に会える様にし、ゆっくり復縁に向けて考えて行かないか?
子供達も近くに引っ越して来る事を望んでる。
とビックリする提案をして下さいました。

正直、自分が原因を作った離婚なのに、こんな優しい言葉を掛けて貰えるとは思っていなかったので、嬉しさと罪悪感を感じました。

ただ、私は出て行った彼をまだ愛しているし、彼との復縁を望んでいるので正直喜びきれません。

でも子供達と縁は切りたくないです。
元旦那を選んでも保証の無い彼を追いかけても、どちらにしろ後悔は付いて回る気がします。

どちらを選択するべきか…強欲な女だと批判は覚悟です。
鑑定宜しくお願い致します。

占い結果

ゾンビタロットのカード

彼を追いかけるか元旦那と復縁するか悩んでいます。

決断をするために使える3つの力

ご自身の家庭環境の不毛さについて悩まれているのだと思います。
あなたが何を望むのか、そしてどういうジャッジをするのか、その決断が求められています。

あなたがこの決断をするために使える、3つの力があります。

壊したものを再建する、という力。
永続的な生活環境を作る、という力。
不倫と離婚をチャラにして一般の道徳観念の中に戻る力。

生活環境の再建と継続、道徳観念の力

壊したものを再建する力は元の家庭でも、逃げた彼に対しても、使うことができます。
どちらを選んでも、再建することはできます。

永続的な生活環境についても、どちらを選んでもそのエネルギーを注ぐことができます。
ただ逃げた彼に使った場合は、逃げる→捕まえる→逃げる→捕まえる、というループを永続的に繰り返す、ということにはなるかもしれません。

不倫と離婚をチャラにする力は元のご主人からの申し出で可能になったことです。

逃げた彼とは復縁してもまた追いかけることに

あなたは本心では安定を求めているのではないかと思います。

逃げた彼をあなたの情熱で追いかけて、取り戻すことは可能です。

ただし彼はあまり乗り気ではないですから、あなたが彼に与えるものの方が多くなります。
彼から得られるものは少ないでしょう。

また、今回と同様いつかまた逃げられるでしょう。
さらにもう一度追いかけることもできますが、それがパターン化してしまい、あなたはその中で不自由さを感じてしまうかもしれません。

ご主人と子供たちとの安定

元の旦那さまに戻る場合、ご主人は安定した生活をあなたに与えてくれるます。
子供たちの悲しみも断ち切ることができるでしょう。

逃げた彼を諦めることになりますが、その分、子供たちに対してあなたから承認を与えてあげられます。
「私はあなたたちのお母さんで、あなたたちは私の子供なのよ」という承認です。

あなたは夢破れた気分でしばらく過ごすことになるかもしれませんが、それも子供たちが成長するにつれ自分への評価につながっていくと思います。


(無料占いへのご質問を相談者さま承諾のもと公開しています)